会長ご挨拶

医師会長挨拶

 ここ大田区は、東京23区の中で最も広く、73万人を超える区民の皆さまが生活をされています。田園調布医師会は、区民の皆さまの健康を支えるため、区の行政とも協力しながら様々な医療活動を行なっています。

 現在、新型コロナウイルス感染症のため、不安な気持ちで日々を過ごされている方も多いと思います。田園調布医師会では、だ液でのPCR検査を導入するとともに大学病院や荏原病院などの病院と連携して、診断、治療にあたっています。また各診療所では、感染防止に努めながら、皆さまの日常診療を行なっておりますのでどうぞご安心ください。

 日、祭日、年末年始などには医師会館に休日診療所を開き、午前9時から午後10時まで、内科、小児科の診療を行なっています。また、特定健診、長寿健診、各種がん検診、ワクチン予防接種、認知症検診や骨粗しょう症検診なども、お近くの診療所で実施されております。(詳しくはお問い合わせ下さい)

 健康と思えるときにこそ、また少しでも何か不安を感じるときにこそ、受けていただきたいのが健診や検診です。さらに、その結果を相談できる「かかりつけ医」がいることも重要です。ご存知の通り、慢性疾患は、その先の大きな病気を招かないために日ごろのコントロールが大切です。死因の1位であるがんも早期に発見できれば、決してその全てが不治の病ではありません。ぜひ、これらの健診や検診を積極的に受診されることをお勧めします。

 また区民の皆様が、住みなれたこの町で、自分らしく生活し続けられるように、医療、介護、福祉の連携も重要と考えます。田園調布医師会では、訪問看護ステーション、地域包括支援センター、在宅医療相談窓口を運営して、円滑な医療連携、情報共有を進めています。

 お子さんからシニアまで、これからも元気に力強く、胸をはって生活できることを願って。

田園調布医師会会長 並木敦也    

to top